忍者ブログ

月155,000円稼ぎ出す勝利の複勝1日1レース1頭予想

「投資は1点勝負」「複勝に焦点をあてた1頭勝負」「的中させる可能性が高いレースが数レースある時は、一度だけころがして的確に利益を増やす」そんな複勝投資の最適化を目的とした完全攻略術。

私の競馬予想理論



「勝負レースを決められないから3連複や3連単で

多点数買いをしているのではないでしょうか?」。



「勝負レースを決めらないから、

何レースも馬券を購入しているのではないでしょうか?」。




欲を出すと収支が急激に下がっていきます。

やたらめったら多くのレースに手を出したり、

自信のないレースに手を出すようになったり。

一気に赤字に転落することでしょう。



負ける人の最も多い共通点は、

「買う気のなかったレースに手を出すことです。



無理のある買い方で、一時的に大きく利益が出ても、

そのお金は瞬く間に無くなります。

勝っても慎重な気持ちを忘れずに、

抑えながら賭けるのならいいですが、

そうはいかないのが競馬・ギャンブルです。



時間をかけず、競馬新聞頼りでは、

勝負レースの見定めができません。

だから、次へ次へと惰性で馬券を買って負けてしまうと思うのです。



前日に勝負どころが決まっていないのに、

大金を投じているようでは、

いつまでたっても勝ち組にはなれません。

当日の朝に、新聞を買って検討していたのでは、

競馬で勝つことはできません。



投資と、投機は、何が違うのか?

投資とは、資産を利用して儲けることを言います。

高いリターンを目的に、リターンに見合わないような、

より高いリスクを取る投資のことを、投機言います。



投機を馬券にたとえると、3連単や3連複です。

投資を馬券にたとえると、複勝です。

その中間点に位置する馬券が馬連です。



よく考えてみると、16頭立てで120点もある馬連を、

1点で的中させるのは至難の業ですが、

16通りしかない複勝なら、1点で的中させる可能性は高いです。



馬連を5点買って10倍(1,000円)の配当は、

単勝、あるいは複勝なら、1点買って2倍(200円)の配当と同じ儲けです。

馬連と単勝・複勝のどっちが取りやすいかは一目瞭然です。



つまり、馬券を当てることを考えれば、

必然的に、当たる確率が高い馬券に絞る必要があるのです。

その結果、的中率が上がるのです。



複勝は、控除率が低いため、競馬で勝つための最適馬券です。

控除率とは、ギャンブルの元締めである主催者と、

国や地方自治体の取り分で、

的中した馬券の25%が控除率として取られます。



わかりやすくいうと、馬券を1,000円購入した場合に、

その購入時に25%が差し引かれて、残りの7,500円の75%の金額で

馬券を買っているようなものなのです。



通常馬券の控除率は25%ですが、

複勝に限れば、15%の控除率です。



おまけに、160円以上の配当に、給付金という配当が付きます。

複勝が170円なら10円の給付金が付きます。

つまり、本来160円の配当のところを10円の給付金が付いて、

170円になっているのです。



単勝・複勝に限れば25%以下の控除率になるわけですから、

数をこなせば、控除率の低い複勝馬券は、後々大きなメリットになるのです。







どんなレースでも「ペースメーカー」としての逃げ馬、先行馬が存在します。

先行する馬のペース配分がそのレースの時計を支配するので、

結果として、持ち時計のみを比較しても全く意味を持ちません。



馬の走りを制御するのは騎手であって、

能力がある馬でも、騎手がそれを制御してしまえば、

その馬は、能力を発揮しないまま終わってしまうのです。



要するに、「ペース」といった、

不確定要素に支配された時計の認識は、

予想上あまりあてにはなりません。



馬にも「芝の方が走りやすい」、

「ダートの方が、走りやすい」という好き嫌いが存在し、

それは動物の本能です。



コースに関しても「走りやすいコース形態」というものが必ずあるはずで、

一度走ったことのあるコースに対しては、

動物の本能的な記憶力も働くに違いありません。



次にあげるのが馬のオッズです。



栗東の名トレーナーが言った言葉に、

「馬主目線では条件戦は勝つ事より、

2着3着をコンスタントに拾う事が大事」とあります。



この馬主目線を視野に入れて、予想を組み立てるだけでも、

大きな無駄が省けます。



1着になると収得賞金が加算されるため、

クラスが上がってしまいます。

クラスが上がると、上位入賞ができなくなるため、

もらえる賞金の額も少なくなります。



ならば下のクラスで上位入賞して、

多くの賞金をもらった方が良いわけです。



オッズの研究をしていると、

はじめから勝つことがわかっている馬を、

何者かが秘密裏で買っているのではないかと、

思うことがあります。



オッズでいう得票率は厩舎特有の色があります。

調教状態でも変わります。

また、締め切り直前に大量購入がされることもあります。

夜中や早朝に、大量購入されていることもあります。

夜中や早朝ということは、それは一般人による買いではなさそうです。



オッズとは、「投票された結果を示す数値」のことです。



予想分析に関しては、独自の力量・コース適正がベースにあり、

厩舎・馬主を研究して、ある特徴を導き出し、追い切り(調教)を確認し、

オッズの推移を分析します。



オッズが「投票された結果を示す数値」であるのなら、

なぜ、こういう数値になったかを分析する必要があります。

ただ、この部分は範囲が広すぎて、詳しくお伝えすることは不可能です。



オッズ分析のパターンは沢山ありますが、数日でパターンはが変化します。

また、オッズ分析は、間違った判断で、

一方的に決め付けられているような傾向がありますが、

一定のパターンはありません

しかし、馬主と厩舎を探っていくと、

どうしてその馬のオッズが、

異常値になったのかの共通項を発見することができ、

それは一つの予想パーターンとして仕上がっています。



オッズ予想というと、誰もが異常にオッズが下がる

「異常オッズ」と認識すると思います。

ここはお伝えできませんが、結論は×です。



俗に言う「インサイダーオッズ」。私はあると思います。

オッズと同時に厩舎や馬主の研究と情報収集が必要で、

この部分はずっと分析を続けていくでしょう。



私の推測に過ぎませんが、

この仕組みに、JRAも絡んでいると思っております。



何故なら、その馬が大きな掛け金で、

それ以外の人に買われて、オッズが大きく落ちた時は、

4着から6着になることが多いからです。

オッズを研究すると、これに気が付くようになります。



6着までは、馬主などへ渡される賞金が2着・3着と、

それほど大きく変わりません。

これならJRAも馬主なども、御の字となるわけです。


残念ながら「今の競馬とはそういうものです」というのが結論です。

ただ、コース適正・馬の状態・出走馬から考える予想は、当然ベースになります。



総合適正値と、オッズデータを基盤とするデータで、

予想段階で、仮想的にレースをシュミレーションして、

投資を組み立てています。



3連複は穴狙いをせずとも、高額配当にありつける馬券です。

欲がなければ競馬は当たりませんが、

欲にまみれた気持ちで、正常な視点が歪めば、獲れる馬券すら獲れません。



最後にもう一度言います。

競馬は配当うんぬんよりも、とにかくまずは馬券を的中させることが出発点です。

当たらなければ、1銭も戻ってきません。








もちろん、みな予想方法が違います。

正直、「この予想方法が正しい」というものは存在はしません。

それぞれ違った予想方法でも、メリットは必ずあるはずで、

その中で、自分なりに結論が出せて、

的中率が高い予想が「正しい予想方法」です。



競馬には必ず結果があり、当たり馬券は必ずあります。

時には念入りに検討した馬券が外れ、

初めて買うビギナーの馬券や、語呂合わせの馬券が当たることもあります。



しかし競馬を長く続けていれば、最後に必ず勝つのは、

一般論とは違う視点で、様々な仮定を考え、

しっかり時間をかけて、答えを導き出すという、

オーソドックスな予想法です。

的中馬券にたどり着くには、これしかないと定義しています。



競馬において、「勝つ」とは、

収支をプラスにすることでしかありません。

したがって、できるだけ投資を少なくして、

なおかつ配当を手にできるようになることが最も理想な形です。



いかに無駄なレース・無駄な買い目を減らして、

馬券を的中させるかという1点に集約されます。



この独自に生み出した予想システムを活用して、

勝てる馬だけを提供します。



当複勝1日1鞍予想は、ギャンブルとしてではなく、

投資として、馬券を購入することが趣旨です。



競馬には、勝者と敗者しかいません。

馬券を買えば、必ず勝者と敗者にしかなれません。



競馬をやっていると、誰もが「勝ちたい」と思う。

勝ちたければ、「焦る」と思う。

負ければ、余計に「焦る」と思う。

焦ってやって、得することは何一つありません。



競馬には必ず結果があり、

どんなレースであろうと、当たり馬券は必ずあります。

競馬は来週もあります。

来月もあります。



人様の喜びが自分の喜びとなった時、

自分の幸せになるという志を持って挑みます。

よろしくお願いします。



色々な人に見ていただき、

それぞれに何かを感じていただけたら幸いです。

また、不足している点などが御座いましたら、

お気軽にメールをお願いします。



勝負出来る複勝推奨馬を、皆様にご提供します。













予想への参加はこちらをご覧ください。








メール




















PR

コメント